MHF-G用のゲーミングPCを購入するなら

MHF-G用ゲーミングPCのスペック検討

ハンティングアクションゲーム、
いわゆる狩りゲーと呼ばれるゲームジャンルがあります。
一定人数のパーティーで巨大な敵を打破して
アイテムを回収するといった要素のゲームで、
日本で非常に人気のジャンルとなっています。

そのジャンルの中心にいるのがモンスターハンターシリーズになり、
MHF-G(モンスターハンターフロンティアG)は、
モンスターハンターシリーズに連なる
モンスターハンターフロンティア
PC用ハンティングアクションゲームです。

この手のゲームは大半がコンシューマー機から発売されていますが、
PC用のMMORPGの一部でも
こういったハンティングアクションゲームが見られます。
例えばPSOシリーズも巨大ボスに固定人数のパーティで挑んで、
レアドロップアイテムや報酬を狙うゲームですので、
ハンティングアクション的な要素が大きいゲームと言えます。

そこで、この記事ではMHF-Gの詳細や
それに適したゲーミングPCやスペックの検証などを紹介・説明します。

MHF-Gについて

モンスターハンターシリーズは、
『古代文明が滅亡したのちに起きた時代で
原始的な生活を送っている』
という舞台設定になっています。

生活の脅威になる巨大生物(モンスター)に対抗したり、
それらを狩猟することで
狩猟者(ハンター)が狩猟で生計を立てている
といった世界観になっており
プレイヤーはハンターとして巨大生物に立ち向かいます。

ゲームジャンルの大枠的にはアクションゲームというくくりですが、
アクションゲームが敵(やボス)の打倒、ゲームのクリアが主眼であるのに対し
モンスターハンターシリーズは敵の打倒をしつつ
打倒した敵から得られるアイテムから
武器やアイテムを作りだすといったコレクション性を兼ね備えており
そういったことから前述のハンティングアクションと呼ばれる
独自ジャンルに位置づけられることもあります。

MHF-Gは前身のMHF-O(モンスターハンターフロンティアオンライン)
の流れをくむゲームで、他のコンシューマー機で発売されている
モンスターハンターシリーズと比較すると、
ゲーム性にあまり差がありませんが
コンシューマー機よりも多くの武器・防具・アイテムが登場し
コレクション性を高めてており、
オンラインゲーム的課金要素が含まれるゲームとなっています。

モンスターハンターシリーズ自体は、
前述の通り圧倒的にコンシューマー機のユーザーが多いですが
モンスターハンターフロンティア自体はコンシューマー機が
かなり後発で発売されたためPCユーザーの方が多いゲームになっています。
(そのためゲームサーバがゲーム機とPCとで異なる)

ゲームのベースがコンシューマー版の
モンスターハンター2(dos)であることから、
ハイスペックである必要性が薄いゲームとは言えるのですが
ゲーム内で局面的に非常に負荷がかかる場面が多数あり、
またゲームの性質上、ストレスなくゲームを行うことが必須であるため
相応のスペックで遊ぶのが好ましいと言えます。

以下でスペックの検証を行っていきます。

推奨動作環境必要動作環境
OSWindows VIsta(32bit版)
Windows 7/8(32/64bit版)
Windows VIsta(32bit版)
Windows 7/8(32/64bit版)
CPUintel Core 2 Duo
AMD Athlon X2 4600+
クラス以上のCPU
intel Pentium4 2.0Ghz
AMD Athlon64 3500
クラス以上のCPU
グラフィックスカードGeForce 8600シリーズ
Radeon HD 2600シリーズ
クラス以上
GeForce FX 5700シリーズ
Radeon 9500シリーズ
クラス以上
ストレージ空き容量20GB以上20GB以上
解像度1600×1200800x600

対応OSに注意が必要です、
いずれも7世代以上前のCPUやグラフィックスカードであり
未記載ですがメインメモリも512MB以上ということで
現行のPCでほぼ問題なく動作するでしょう。

グラフィックスに関しては
オンボードグラフィックスでも問題ないというという記述もあるため、
現行世代のCPUではグラフィックスカードは
利用しなくても問題なく遊べるものと思われます。

特にゲーム用としてパソコンを購入しなくても遊べるでしょう。

購入はBTOパソコンで

近年発売されたパソコン用ゲームに関して、
その要求スペックが上がっているため
ゲーム用途のパソコン、つまりゲーミングPCの需要が伸びてきています。

一方でゲームユーザーというのは、
常に一つのゲームだけをプレイするわけではないため
パソコンのスペックを1つのゲームに寄せることができません。
そこである程度スペックのパソコンを用意して
ゲームをプレイすることになります。

そういったニーズに対してユーザーが選んで
パソコンをカスタマイズできるのが
bulid to order(=受注発注)の略称で知られるBTOパソコンです。
BTOパソコンは文字通り、
ユーザーがカスタマイズしたパソコンの注文を受けた後で
組み立てを行い出荷するという方式が取られています。
つまり通常の組みあがったパソコンよりも
柔軟なパーツ構成をユーザー側で選択できます。

BTOパソコンはパソコンメーカー、パソコンパーツショップ
BTOパソコンショップなどで販売されています。
現状メーカー製パソコンはゲーミングPCモデルが存在しないため、
ゲーミングPCに関して言えば
BTOパソコンが主流と言っても過言ではないでしょう。

ただしMHF-Gは要求されるスペックが低いため、
他のゲームや他のパソコンの利用用途に合わせて
カスタマイズしていくといいでしょう。

各社それぞれにオススメのパーツを搭載して、
ストレスなくゲームが楽しめるパソコンを発売しているので、
興味があるという人はそれぞれのセールスポイントを比較して、
最先端のゲームを楽しんでみてはいかがですか

おすすめ記事

    Menu

    HOME

    TOP

    Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.