FF14用のゲーミングPCを購入するなら

FF14用ゲーミングPCのスペック検討

パソコンのゲームは数多く販売されていますが、
人気のFF14(ファイナルファンタジー14)や
ドラクエ10(ドラゴンクエスト10)や
PSO2などの様々なゲームが存在します。
これら例で挙げたゲームはMMORPGと呼ばれます、
大規模同時プレイが可能なオンラインRPGという意味です。

MMORPGの特徴としては解像度に応じてスペックが要求されますが、
基本的な要求スペックはさほど高くないという点です。

ファイナルファンタジーシリーズは、
RPGに日本の独自性を含ませるという新たな潮流を作りました。
直系のシリーズは15を数え、シリーズの傍流であったり
スピンアウト系の作品を数えると
その数は30、いや50を超えるでしょう。
常に変化を求めているファイナルファンタジーシリーズは
その時代時代でデファクトになるようなゲームを提供しています。

そこでこの記事では今注目を集めるMMORPGである
FF14用についてそれに必要なゲーミングPCや、
必要なスペック・環境について説明します。

FF14について

FF14といえば全世界が熱狂する
大人気ゲームとして君臨していますが
その人気の理由の1つが何百人、
何千人規模のプレイヤーと共にプレイすることが出来る点です。

そして華麗なグラフィックはキャラクターだけではなく
風景や街並みなども丁寧に作りこまれていて、
まるでそこにいるかのような臨場感を味わえます。

FF14のリリースはやや古く
2010年の9月にver1.0がリリースされましたが
ゲームの造りの悪さから大変不評で
2年後の2012年大みそかに運営終了となりました。

その後2013年8月27日にver2.0である「新生エオルゼア」がリリース
こちらは好評で順調にユーザー数を伸ばしています。
2015年現在はver3.0である「蒼天のイシュガルド」が
6月23日にリリースされています。

世界規模での人気により
ますますユーザーが増えると予想されるFF14ですが、
快適にゲームを楽しむには
それなりのスペックのパソコンが必須です。
FF14には必要動作環境、推奨スペックがあります。
必要動作環境は最低動作環境なので、
ここでは推奨スペックを取り上げます。

OSWindows 7/8.1 64bit
CPUIntel Core-i5 2.66GHz
メインメモリ4GB
ストレージ空き容量20GB
グラフィックカードGeforce GTX 660以上
Radeon HD 7950以上
*ver2.0以降の情報です

目立った所ではCPUがCore-i5であること、
グラフィックカードがGeforce GTX660/Radeon HD 7950と
ミドルクラスのパーツが中心になっています。
ちなみに「蒼天のイシュガルド」にてDirectX11に対応しており、
そちらの動作については要求スペックがやや高めになっています。

購入はBTOパソコンで

FF14に限らずゲーミングPCを購入する際に、
多くの人が選んでいるのがBTOパソコンです。
BTOパソコンとは、
受注生産のパソコンとしてCPUやメモリー、ケースに至るまで
注文時に自由に構築出来る販売形態で、
それが最大の魅力となっています。

高性能なパーツを自在に組み合わせることで、
ゲームの世界観を存分に味わうことができるでしょう。
BTOパソコンを販売している会社は、
数多くあり人気のFF14用のゲーミングPCも
各社推奨パソコンを販売しています。

各社それぞれにオススメのパーツを搭載して、
ストレスなくゲームが楽しめるパソコンを発売しているので、
興味があるという人はそれぞれのセールスポイントを比較して、
最先端のゲームを楽しんでみてはいかがですか

おすすめ記事

    Menu

    HOME

    TOP

    Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.